読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けみかる!な人々

とある企業の研究所に派遣された私が見たものは、その世界では「ネ申」と呼ばれた人でした。敬意を表して「ミスター」と呼ぶことに。あと、けみかの東大潜入レポ。

ミスターとの日々

というわけで、くびになるそうです

のっけから、えーーーって話ですが 来月末でクビになるそうです。 クビの理由 ・本質に迫る感性が無い ・仕事を任せられない ・実験室に居てほしくない だそうです。 これと、大幅減給(三分の二)の話が出たので ・生活していかれん ということで、やめるこ…

ディスポーサブルの意味を検索してからいらっしゃい

ミスターの発言 「ディスポカップ?いいよ、買って。 洗って使いまわすんでしょ?」 はぁ? はぁ?? はぁ??? ディスポーサブルの意味知ってますか? www.weblio.jp と、久しぶりに憤ったわけです。 いや~ 外来語のわからない人は困りますわ。 専門分野…

ミスターとの日々 第十二話

ミスターってば、意外に大胆なんだからw

ミスターとの日々 第十一話

ミスターは無趣味だそうです。

ミスターとの日々 第十話

相変わらず手袋のお話です。直腸用は粉が入らないので便利に使っていますが、箱がモロでアレなのか、ミスターがドン引きしまくって使ってくれないのです。私としてはコンタミ防止も含めて使ってほしいんですけど・・・。

ミスターとの日々 第九話

工夫はを図り、量る作業を短縮。で、あまりの速さに謀られたのかと思ったのかどうかははかりかねます。

ミスターとの日々 第八話

廃液を極力出さないという方針なので、洗い物は時に頭が痛い問題になります。ミスターがワザとやっているのか、後で私が洗うからと適当に水をかけているのか、追求したいところです。

ミスターとの日々 第七話

ろ過のとき、一応離れてはいけないルールになっています。離れていないならば、何をしていてもかまわない空気であるのがうれしいのですが、トイレに行けないのが辛かった~。

ミスターとの日々 第六話

このゴム栓、5個入りなんで、余りがまだ3つもあるのです。サイズ違いを買って快適ろ過生活をしたいけれども、使わないゴム栓がゴロゴロと存在することを考えると購入許可をもらえない事情がわかりすぎて強く言えない日々を送っています。

ミスターとの日々 第五話

ちなみにエアブラシに挑戦する前、缶スプレー10本くらいは塗装してます。塗装は慣れによる部分が大きいと思っています。

ミスターとの日々 第四話

ミスターは何もない実験室が好きらしく、必要なものはその都度用意するタイプらしいのですが、私は必要なものは傍に置いておくタイプです。ケンカにならないのはひとえに、ごちゃごちゃしているけど秩序あるごちゃごちゃだとミスターが理解してくれているか…

ミスターとの日々 第三話

ウィスキーみたいな、樽で熟成させるお酒は、樽から水分やアルコール分がしみでていきます。 これで、減った量を「天使の分け前」と呼びます。

ミスターとの日々 第二話

以前、理化学系の業者さんから、 「手袋とスクリュー管は薄利多売の売れ筋」だと聞きました。

ミスターとの日々 第一話

研究室の必需品といったら「割り箸だろ~」と言ってしまうけみかです。 アスクルで100本入りを買って、半分を実験台に、半分を給湯室に配分します。