読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

けみかる!な人々

とある企業の研究所に派遣された私が見たものは、その世界では「ネ申」と呼ばれた人でした。敬意を表して「ミスター」と呼ぶことに。あと、けみかの東大潜入レポ。

交通弱者はもっと声を挙げるべきだと体験した話

お昼休みに自転車で外出して

帰りがけに、自動車とぶつかってしまいました。

 

↓図

f:id:chemica_chan:20160323141625j:plain

 

 

自転車のハンドルにコンとぶつかったくらいなので

全然ダメージ無だったんですが

 

そのあとのやり取りがね・・・

 

私「こっちはこけてないので大丈夫と思うのですが」

同乗者「大丈夫じゃないだよ、ぶつかっといて(怒)」

私(どうやら謝罪を引き出したかったみたいだなぁ)

私「こっちは横断歩道わたっていたんだよ。(結構大声)」

同乗者「横断歩道は自転車は渡ってはいけないんですぅぅぅ。

    押して歩いて渡るもんなんですぅぅぅ。(結構大声)」

私「そこまで言うのなら、警察呼びますよね?呼びますね。」

運転者「まぁまぁ、警察もなんなんだから、お互い気を付けましょう。」

 

 

というわけで、解放されたんですが・・・

 

後で冷静になって考えるとおかしいんですよね。

明らかに相手の不注意。

そして、恫喝。

 

いや、恫喝についてはこっちが先に声を張り上げたのもあるんで

加味してあげてもいいんだけど

 

こっちは交通弱者で

横断歩道の上にいたわけで

 

車同士でも直進車が優先なんだから

こっちは一ミリ足りとも過失はないのでありました。

警察言っとくべきだった。

 

でも、その時は、最初に怒り声を挙げられたせいで

びびってたものあって

萎縮してたんですよね。

いかんいかん。

交通弱者はもっと声を挙げるべきだと思いました。

 

雨にも負けず

風にも負けず

ぶつかってきた車の運転者の罵声にも負けない

そういうものにわたしはなりたい。